加工事業

繊維製品企画開発サポート

製品企画の実現をサポート

繊維製品の企画実現をサポートいたします

繊維製品の企画をお持ちの企業様よりご相談を受け、加工場や専門工場を繋ぎ企画実現をサポートしております。

弊社が企画開発サポートに強い理由

繊維業界は複雑な分業態勢

繊維製品では、生産工程のすべてが1社で行われることはまずありません。通常は大変多くの専門企業・加工場が関わり製品が仕上がります。製品規格が少し変われば対応工場も変わる複雑な業界です。

染工場は技術の相談窓口

染工場は自社で請け負う染色加工前後の”他社工程”をも把握している必要があり、川上から川下を繋ぐパイプ役になることが珍しくありません。そのため多くの加工技術に精通しており、また多くの加工場との面識を持っております。

専門企業・加工場を繋ぐ植田屋

「こんな製品を作れば売れる!」とメーカーでアイデアが生まれた時、染工場は最初の相談窓口になることが多いポジションなのです。

お気軽にお問い合わせください

弊社も染工場ですので、実際に多くの相談を受け製品企画の実現をサポートしてきました。幅広い知見と積み上げてきた加工場ネットワークを活かし、お客様のご相談に対応しております。

製品化に向けどう動き出したら良いか分からないお客様、加工場を探すのに苦労されているお客様、ぜひ弊社にお声掛けください。

サポート料金や商流は、弊社請け負い加工が発生するか否かなど様々な要因を考慮しケース・バイ・ケースでご協議しております。お客様の了解なく料金が発生することはございませんのでご安心ください。

技術相談・サポート例

PPネップ中綿の製造

PP糸屑廃材を、布団の中綿として材料使用したいというご相談。

糸屑の裁断(カット屋)→反毛(反毛工場)→ネップ製造(ネップ工場)

工場を調査・試作依頼し、依頼先を替え試験を重ねることで実現化。

羊毛フェルトの製品化

ホビーで流行している羊毛フェルトの材料として、切り貼りできる羊毛フェルトシートを販売したいというご相談。

羊毛の仕入→不織布の製造→カット

材料コストを合わせるため調達の工夫や材料構成を提案。

漁網をペレット化

使用済みの漁網を回収しペレット化してリサイクル利用したいというご相談。

裁断(カット屋)→洗浄(染工場)→溶解・成形

汚染状況が悪く、不純物をいかに取り除くかをご提案。

蓄光・その他
色材ショップ植田屋にご用の方はこちら