LEDを始めとした照明演出の現況と彩空間が果たそうとする役割

演出用照明の現況

最近の演出用照明はハード・ソフトともに凄まじい進化を遂げ、多彩な演出バリエーションを見かけるようになりました。しかし逆に、それらが廉価で市場に溢れているため、最近では少々の意外性でもすぐに飽きられてしまいます。

またLEDの明るさ・輝度競争も、不快なほど明る過ぎるだけでこれ以上の明るさは日常シーンには不要です。

ハード・ソフトによる競争はここ数年で頭打ちとなった印象です。

過渡期を迎えた照明演出

LED照明演出は過渡期にあると考えます。ハード・ソフトの開発競争はこれからも続くでしょうが、ユーザーが最先端技術だけに満足する時代は終焉を迎えました。最新の技術をどうだと言わんばかりに見せる手法は、当初は目を引いても、すぐに飽きられチープな印象に失墜します。

これからは最新の技術を全体デザインの中に品良く活かす手法が今まで以上に意識され競われると考えます。最新の照明技術を最前面に推し出すのではなく、いかに隠して高いデザイン空間に活用するのか。それを競い合う時期がすでに到来していると感じます。

彩空間の果たそうとする役割

「ゲストのことを考えない最先端技術の押し売り」「演出を提供する側の独りよがり」このような演出から脱却し、ゲストが本当に心地よいと感じられる癒やし空間を演出する。そのために必要とされる素材の開発と提案・提供を通じて、弊社の企業理念「彩りあふれる暮らしづくり」に貢献するべく事業活動を行っております。

光の暴力「光害」

技術発展の副作用でしょうか、高輝度LEDの行き過ぎた使用を多く見かけます。夜間運転中に視界に入る高輝度LED看板は非常に危険です。アミューズメントやイルミネーションなどでは、ゲストに心地よい空間を提供するつもりが行き過ぎてしまい、結果乱暴な光演出になっているケースを見かけます。

高輝度LEDは不快なだけでなく頭痛を引き起こします。

癒やし空間を提供するつもりが不快な空間を作り出している・・・そのようなシーンが本当に多く残念です。

環境省は早くから光害についてガイドラインを作成し努力していますが、LED技術の進化と低価格化による使用の拡大により光の暴力はまだまだ溢れている印象です。 行き過ぎた光は人や生態系・環境に悪い影響を与える場合があります。 弊社は「演出効果を高めると共に過剰な光を緩衝し光害を減らせるような素材」の提供を心掛け開発に臨んでおります。
お気軽にお問い合わせください
TEL.0120-920-115
メールで お問い合わせ